スタッフブログ

ここが原因でカラダの疲労がとれないって知ってました?

こんにちは!イズミ整骨院練馬院です!

本日も内臓からくる身体への影響をご紹介いたします!


今回は副腎からくる不調をご紹介します!

副腎


~副腎について~



≫副腎とは?


副腎とは腎臓の上部に位置している内分泌器の一つです。

腎臓のそばにあるため、副腎と呼ばれており

腎上体と呼ばれる事もあります。

副腎は副腎皮質と副腎髄質の

2層構造に分かれています。

副腎は生命の維持には欠かせない

ホルモンを分泌している大切な器官です。



≫副腎皮質の役割


副腎皮質は大きく分けると3つの働き

をするホルモンが分泌されます。

①体内の糖を調節しているホルモン

②体内の電解質を調節しているホルモン

③生殖機能に関与している性ホルモン(特にアンドロゲン)

①~③をまとめて副腎皮質ホルモンと呼び、

一般的にはステロイドホルモンと呼ばれています。




≫副腎髄質の役割


副腎髄質はカテコールアミンと呼ばれる

アドレナリンやノルアドレナリンを分泌し、

身体のストレスに対して反応し調節している部分になります。




≫副腎のシステムが悪くなると起こる症状は?


日本の医師の間でもあまり知られていない、

副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)というのをご存じでしょうか?

この言葉の通り副腎が疲労した状態を指すのですが、

欧米などではこの状態こそが万病の元と言われていてます。

ストレスの強い仕事や生活習慣、偏った食生活などの様々なストレス

(精神的・大気汚染・食品添加物・気温の変化・感染症など)

の積み重ねによって副腎が疲労し不調をきたすと、

ストレスによって体内で炎症が起きた際に

副腎から分泌されるホルモンが炎症を抑えようとしますが、

この状態が続いて副腎が過度の疲労を起こし

炎症が抑えきれなくなると、

身体の疲労感・うつ症状・生活習慣病

花粉症などのアレルギー・自己免疫疾患・更年期障害

性欲減退・生理不順などの症状を

出現さていると考えられています。

欧米では甲状腺疾患・感染症・喘息・うつ病

糖尿病・高血圧などの疾患に対して、

まずこの副腎疲労の治療を優先している

場合もあるのです。




≫副腎疲労を悪化させる食べ物


①グルテン・カゼイン・・・小麦や乳製品など

②カフェイン・・・コーヒーなど

③甘いお菓子・・・特に血糖値を急激に高める物

③食品添加物や化学合成物・・・コンビニ食や化学調味料など

※個人差有り



 ≫副腎疲労を回復させる食べ物


①良質なタンパク質・・・肉なら鶏や豚など

            魚なら小型のアジ・イワシ・サンマなど
       
            *大型のマグロなどはNG 
  
②ハーブ・スパイスなどの香味野菜・・・にんにく・タマネギ・ショウガ・パクチーなど

③ビタミンB群やミネラル

④お水・・・1日1.5~2リットル位

※個人差有り







≫副腎についてのまとめ!


・副腎は腎臓の上に位置し、
 
  生命の維持には欠かせない内分泌器である。

・副腎疲労を起こすと万病の元になる。

・副腎疲労を起こした場合の症状↓↓

  身体の疲労感やだるさ・疲れ目・ストレス過多・不眠

  腰痛・うつ症状・生活習慣病・花粉症などのアレルギー疾患

  自己免疫疾患・更年期障害・性欲減退・生理不順など





副腎についてはこんな感じです!


最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。


根本治療に少しでもご興味がある方は、


まずは当院までご連絡下さい!





◇◆◇イズミ整骨院練馬院◇◆◇

お身体の根本的な解決を目指した地域唯一の整骨院!

〒176-0001

東京都練馬区練馬1-25-5-105

℡ 03-6914-6519

ホームページ URLhttp://www.izumi-nerima.net/

PAGE TOP